読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamble Dependence Straight to Hell!

ギャンブル依存症。日々色々な事を考えています。

SEASON 6

三連休もあっという間に終わってしまった。

しかし、今日の0時からdtvでのウォーキングデッド シーズン6の通常配信が開始された。
明日の仕事への影響も心配だが、シーズン6は期間限定配信でも見逃していた為、続きが気になってしかたがないので一話だけでもこれから見ようと思っている。

テーブルの上にはすでにスナック菓子が準備されている。

今月24日からはシーズン7の配信も始まるので、なるべく早めに見ておきたい。

昨日は連休最終日でたっぷりと午後まで寝ていたので、眠気の心配はまったく無い。
果たして一話だけで止める事が出来るだろうか。

自問自答日記ランキングへ

日本VSイラク

先日も例によって、ビールを飲みながらサッカーの代表戦をテレビで観戦。

放送席の解説は前回の試合に続いての松木安太郎中山雅史
松木安太郎の解説は相変わらず的外れで、ピッチ解説の中田浩二だけがまともな解説をしていたような気がした。
後から知ったが、NHK BS1でも放送していたようなので、そちらで観戦するべきだった。

試合は日本が辛くも勝利。
スタメン出場の原口元気が得点を決めてくれたのは嬉しかった。(本田→清武のパスはオフサイドっぽかったが)
トップ下で先発した清武の動きも良く、今の日本代表にはやはり香川は必要ないのかもしれない。
決勝点を入れた山口蛍の試合後のコメントもよかった。

何とか勝ち点3を獲得することができて、選手も監督も安堵している部分はあるのだろうが、FIFA ランク120位以下のイラクにホームで辛勝したところで、本来は大喜びはできない。
決勝ゴールが決まったから良かったものの、同点でロスタイムに入ってからは、殆どが前線に上がったCB吉田にロングボールを放り込むだけの単調な攻撃になっていた。
ワールドカップへの出場は楽ではないだろう。

とりあえずは、次回オーストラリア戦のスタメンが気になるところだ。


自問自答日記ランキングへ

iQOS

月末を跨いだ今週もやっと終わった。

9月は近県への出張や休日出勤も多く、何だかんだ多忙な毎日が続き、余計な事を考えずに済んだような気がする。

今年も残すところあと3ヶ月となった。
気温も大分下がってきた。
精神的な疲労はもちろんのこと、身体の疲れも溜まっている。
たまにはのんびりと温泉にでもつかりたい気分だ。
そろそろ紅葉も始まっている頃だろうか。

9月の中頃から煙草をiQOSに変えてみた。

4種類のヒートスティックの中からレギュラーを選んだ。
最初は思っていたよりも悪く無いような気はしたが、従来の煙草と比べると物足りなさが残る。
感覚としてはニコチンを身体の中に入れているだけといったところだろうか。
銘柄がもう少し増えてくれれば、好みの味わいも見つけることができるのかもしれない。
それと一回一回充電して吸う手間は煩わしく、慣れるまでには少し時間がかかりそうだ。

臭いが殆ど無く、部屋に煙草の煙が充満しない点はとても良く、妻にも好評だ。
早く慣れなければとは思うが、やっぱり普通の煙草が恋しい。



自問自答日記ランキングへ

プロ野球

昨日は午前中に病院へ行き、夜は巨人対広島の試合をビールを飲みながらテレビで観戦した。
広島が勝てば25年ぶりに優勝が決まるという試合で、最近のスポーツニュース等では、優勝を目前にした広島市民の盛り上がりが連日映し出されていた。
プロ野球には特に興味は無いが、広島の優勝の瞬間というのは何となく見てみたい気がした。

そもそも、プロ野球にあまり興味が湧かない原因には巨人というチームの存在が大きい。
その巨人を破って広島が優勝決めた。
球場が東京ドームだったせいなのか、それともNHKの放送だったからなのか、優勝の瞬間は想像していたよりも地味だった。

何だろう、以前は自宅で酒を飲む事など殆ど無かったのだが、ここ最近はその回数が増えている。
仕事が終わると真っ直ぐに帰宅する日が多くなり、単純に飲みに行く回数が減ったのも原因だろう。
テレビを見る時間も増えた。

職場と自宅の往復。
くだらないテレビ番組。
時々ふと何もかもが虚しくなる時がある。
色々な事が自分の中で行き詰まっているのかもしれない。
昨日は中々寝つく事ができなかった。


自問自答日記ランキングへ

解説者

昨日も蒸し暑い一日だった。
私の住む地域の気温は33度を越えたらしい。

今日は残業もなく、夕食の後に風呂に入り、ビールを飲みながら、ワールドカップアジア最終予選をテレビで観戦。

相変わらず、松木安太郎の的外れな解説が非常にウザかった。
解説というよりは、ただの応援といったほうがいいだろう。

中山雅史然り、あの手の大声を張上げる解説スタイルはどうにかならないものだろうか。
あのような雰囲気重視の偏った解説をされると、私としては日本のサッカーを応援する気も何だか萎えてきてしまう。

個人的には福西崇史宮本恒靖の落ち着いた解説が好きだ。


自問自答日記ランキングへ


ギャンブル依存症ランキングへ

行きたくない

残業の後同僚と軽く飲みながら食事をして帰宅。

月末ということもあり慌ただしい一週間だったが、今日はどうにかゆっくりと休めそうだ。
本来ならば、午前中に病院へ行かなければならないのだが、もう既に行かないと決めている。

なんの自慢にもならないが、私はそういう決断だけはとにかく早い。


自問自答日記ランキングへ


ギャンブル依存症ランキングへ

経過

月末恒例の残業。
帰宅した時には22時を過ぎていた。

早いものでもうカレンダーは9月だ。
今年も残すところ4ヶ月。

ギャンブルを止めてからの日数を数えると、もうすぐ8ヶ月程が経過しようとしている。
最初の4ヶ月程は、ギャンブル依存症の症状に悩まされ、日々葛藤の毎日だった。

今現在はというと、表面上のギャンブルに対する欲求は、ほぼ治まっている。
仮に、欲求があったとしてもパチンコぐらいしかギャンブルが見当たらない。
物理的にギャンブルの手段を遮断してきた結果だ。
パチンコをやる事の馬鹿らしさは周知の通りで、重度のギャンブル依存症の私でもさすがに今更パチンコで散財しようとは思わない。

私のギャンブル依存症の克服への取り組みは、ひとまず成功していると言っていいのかもしれない。

しかし、まだまだ借金も残っていて、憂鬱な毎日はこれからも続いていくだろう。
借金が残っている限り、本当に穏やかな日々は私には訪れない。

ギャンブルに費やした数百万円、さかのぼれば或いは数千万円、本当に後悔してもしてもしきれない。
考えれば考えるほどに、自責の念は膨れ上がる。

今再度、ギャンブルに二度と手を出さない事を自らに誓う事にする。



自問自答日記ランキングへ

ギャンブル依存症ランキングへ