読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamble Dependence Straight to Hell!

ギャンブル依存症。日々色々な事を考えています。

初対面の女性

昨日は友人と待ち合わせ、後輩の店で軽く飲む事になった。

最初は二人だったのが、一人増え、二人増えで、結局は7人ぐらいでテーブルを囲む事になった。

その輪の中に初対面の女性が一人。
最近二回目の離婚をしたばかりの友人の新しい彼女で、年齢はまだ20才そこそこだそうだ。

この彼女を連れてきた友人というのが、また独特の女性遍歴を持っていて、まぁ、早い話が少しおかしい。

最初の奥さんは、独占欲が異常に強く、飲んでいる時などは30件分程ある電話の着信履歴が、全てその奥さんの名前で埋まる事がよくあった。
電話に出たら出たで、毎度電話口で捲し立てられ、友人と遊ぶ事も許されない。
皆で飲んでいる席にどなり込んで来た事もあって、仲間内での評判は最悪だった。
案の定、離婚時にもかなり揉めていた。

二人目の奥さんは、浮気癖が酷く、浮気用の携帯電話を常に鞄に隠し持っていた。
バレなければいいという話でもないが、その奥さんの場合嘘が下手なのか、毎回浮気の事実が発覚してしまっていた。
流石に友人も耐えかねて、ある日、その電話を真っ二つに叩き折ったらしいが、数日後にはまた新しいスマホが鞄の中にあったという。
二人の出会いは、奥さんの方から声をかけ友人をナンパした事がきっかけだった。

ついこの間、その二人目の奥さんとの離婚が成立したと思った矢先、次は娘程も年の離れた女性を連れて、ドヤ顔で私達の前にやって来たので、私達はまた驚愕した。

当然、いつの間にか私達の話題の中心はその二人の事になった。
馴れ初めを聞いたところ、その友人の勤務する会社の部下だという。
「今度はそのパターンできたか」
皆がそう思った筈だ。
私も周りの友人達も、新たなトラブルの予感しかしなかったが、彼女の手前誰も口には出さなかった。

男同士のマナーとして、二度の離婚歴に関しても、彼女が知っているのかどうなのか、探り探り会話を進めなければならない。
というか、離婚歴などは賃貸物件に「事故物件の告知義務」があるように、付き合う以上は当たり前に相手に伝えておくべき事なのだろう。
幸いに、彼女は離婚の事も、そこに至るまでのある程度の経緯も既に知っていたようだった。

不安と心配は否めないものの、離婚の問題でついこの間までなんとなく元気がなかった友人に彼女が出来た事は、喜ばしい事ではあった。

最終的には「こんな年が倍程も違うおじさんと付き合って何が楽しいのか」だとか、「早く別れたほうがいい」だとか、皆で適当に二人をからかって、程よく酔いも回ったところで解散となった。
この年になると、帰りの時間も皆早い。

何だかんだで楽しい時間を過ごした。
昔からの友人達との時間は、仕事の事もギャンブルの事も考えずに済んだ。

一週間はあっという間だ。
今日は休日で、最近気になっていた仕事のストレスも無いだろう。
気分転換も兼ねて、いつもとは違う休日にしたいとは考えているがまだ予定は無い。

普段家では殆ど酒を飲む事は無いが、めずらしく缶ビールを開けてみた。
今日は映画でも見てギャンブルの事は考えずに眠ろう。

そういえばジムに電話をするのを忘れていた。



自問自答日記ランキングへ


ギャンブル依存症ランキングへ