読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gamble Dependence Straight to Hell!

ギャンブル依存症。日々色々な事を考えています。

散髪

今日も起きたのは午後だった。

ポルトガルVSオーストリアの試合を見終え寝たのが朝の6時半だった。試合結果は引き分けでポルトガルの予選突破は難しくなった。
グループリーグも2戦目が終わり、強豪国は決勝トーナメントの出場を早々と決めている。後はベルギーにスウェーデンを破って決勝トーナメント出場を決めて欲しい。

部屋の掃除をして、馴染みの美容室へ髪を切りに行く。
オーナーは競馬が好きで、私の予約時間はちょうどメインレースの発走時間の10分前だった。
私はこのところ競馬新聞もずっと見ていなかったので、今日が何のレースなのかも興味が無かったが、適当に話を合わせておいた。
私も馬券を購入していた時期は競馬の話で盛り上がっていた。
オーナーはパチンコも嫌いではないらしいが、少し前に来店した時にパチンコはもう止めると言っていた。
「こいつもギャンブル依存症なのかもしれない」
私は心の中でそう思った。

そのうちに、その店のオーナーとアシスタントは新たなスタッフの迎え入れの計画を話し始める。
私が通い始めた2年程前から何度もその会話は交わされているが、未だに新しいスタッフが入店する気配は無さそうだ。

アシスタントは、カットやカラーの腕前はどうだかわからないが、シャンプー後の肩のマッサージは抜群に上手い。
そちら方面の職種に就いた方がいいのではないかといつも思う。

散髪を終えオーナーに見送られながら店を出ると、晴れていた空はすこし曇りがかっていて雨が降りそうな気配だった。
夕食の買い物をして帰る予定だったが、予定を変更して真っ直ぐ帰宅した。
私が夕食を作ると豪語していたので、当然妻もそのつもりでいる。
私の勝手な都合で夕食は外で済ます事にした。
今日はお好み焼きでも食べようという話になり、どうせなら行った事のない店に行ってみよう、という事でネットで検索して店を決めその店へと向かった。
妻は化粧をするのも面倒だということで郊外の店に決めた。

店は飲食店が何店舗か入った雑居ビルの2Fにあり、こじんまりとした佇まいだ。
日曜日だからだろう、他の店舗は閉まっている店が多い。
中に入ると客は私達の他に誰もおらず少し不安になった。
店主のおじさんが一人で切り盛りしている店のようだ。
手書きで書かれたメニューには「お好み焼き」「もんじゃ焼き」「焼きそば」の3種類しかなく、後はトッピングでというスタイルだった。
他には、壁に「スペシャル¥1500」というメニューが貼ってあり、全てのトッピングを乗せたものという説明書きがあったが、全てのトッピングを個別に注文した場合の合計金額は1350円にしかならない為、誰も注文する人はいないだろう。

とりあえず、生ビールを1杯とノンアルコールビール、お好み焼きに豚、海老、烏賊をトッピングしたものと、焼きそばを注文した。
薄っすらと聞こえてくるTVの音の他にはBGMも無く、店内にはジュージューという鉄板の音だけが響き、妻との会話もあまり弾まない。
味は、まぁ普通だった。
否、美味かったのかもしれない。
山芋が入っていたであろう生地はふっくらしていて、すぐに腹は一杯になった。

何だか少し微妙な感じの夕食になってしまった。

店を出ると、妻が突然スイカが食べたいと言い出したので、帰りにスーパーに寄ってスイカを買った。


自問自答日記ランキングへ


ギャンブル依存症ランキングへ