Gamble Dependence Straight to Hell!

ギャンブル依存症。日々色々な事を考えています。

規制

アルコールのCMに対して、業界団体が自主規制をかけたらしい。

まぁ、その自主規制とやらに対しては別に何とも思わないのだが、タバコがそうだったように、いずれ酒も社会に必要のないものになっていってしまうのだろうかなどと考えてしまう。

ギャンブルははたしてこの世に必要なのか。

ギャンブル依存症を大きな社会問題と考えるのであれば、TVで流れまくるパチンコ店のCMを無くし、JRAやモーターボート協会のCMも規制するべきだ。
更に極論を言うならば、そもそも日本では賭博行為は禁止されている筈で、全ての賭博場を無くしてしまえばいい。

しかし、パチンコ店のCMがTVから無くなれば、地方のTV局等にとっては大打撃だろうし、公営ギャンブルももっともっと収益を上げようと必死になっている。
更にはIR推進法案。

ギャンブル産業は運営者や関わる人間達に多大な利益をもたらしている。
ギャンブル依存症対策整備と称して、政府や超党派の議員達が議論を重ね、基本法案が提出されたようだが、結局は経済的な利益ありきの話で、依存症対策としては的外れなものにしかならない。
そういった意味で、ギャンブル依存症という病気を、社会は本質的な部分では理解してはくれない。

今月末の横浜市長選はカジノを含むIRの誘致が争点の一つになっているようだが、選挙の結果はどう転ぶのだろう。

遠く離れた街の選挙ではあるが、気になっている。


自問自答日記ランキングへ


ギャンブル依存症ランキングへ